正しく美白ケアを行うためには、美白クリームやトランサミンカプセルだけに頼っていてはダメ

美白ケアをしたいと考えた時に、はじめに思い浮かぶのが美白クリームなどの化粧品です。ですが、美白ケアは生活習慣を含めて総合的に行っていくことが大切です。シミやくすみ、ニキビ跡などが気になる場合にも、基本的な肌トラブルを改善して健康肌になれば自然と美白が行えます。

どのようなことに気を付けていけばよいのでしょう。

■日焼けを防ぐ
紫外線は、日焼けを起こして肌を乾燥させたり黒くしたりするだけでなく、数年後や数十年後の肌にも大きく影響してきます。シミやくすみ、シワなどをつくり、肌を老化させる1番の原因になります。ですから、紫外線対策をすることはとても大切です。

外出しない時でも油断はできません。窓の大きな日当たりの良い部屋だと、紫外線の量もかなり多くなってきます。日中メインに過ごす部屋は、どのような部屋ですか。日当たりはどうですか。紫外線を多く浴びそうであれば、外出しなくても日焼け止めクリームを塗るなど、対策を行いましょう。

■栄養をとって肌トラブルを改善
どのような食生活を送っているかも、肌にとって重要です。ダイエットをしている人などは、極端に栄養が偏ったり、足りていなかったりします。痩せることも美容にとって痩せることも重要視されがちですが、栄養不足は様々な問題を引き起こし、美容の敵になります。

正しく美白ケアを行うためには、美白クリームやトランサミンカプセルだけに頼っていてはダメ

朝食を食べなかったり、夜食を食べたりするような乱れた食生活は、夜更かしなど睡眠の問題にも絡んできます。肌は睡眠中に再生したり回復したりします。質の良い睡眠をとるためにも、食習慣から生活習慣を整えていくようにしましょう。とくに野菜不足が懸念されています。

宣伝=トランサミンカプセルは授乳中OK? http://www.ntp-k.org/medicine/skin/transamin.html

■肌に優しい化粧品を正しく使って肌を健康にする
肌が健康な状態に保たれていると、化粧品の効果も高くなります。逆に、肌が弱っている状態だと、化粧品が刺激になって肌トラブルが悪化してしまうことが多いです。肌の健康を保つことは、肌ケアを行う上で何よりも大切です。基本的には、低刺激で保湿力の高い化粧品を選ぶようにしましょう。

乾燥やニキビなどのトラブルを抱えている場合には、まずはそのトラブルを治すことが大切です。肌ケアは段階を踏んでいくことが大切です。乾燥やニキビ肌が改善されると、それだけで肌がぐーんときれいになったように見えます。

■美白ケア化粧品はどういったものを選ぶべきか
どうして美白ケアをしようと思いましたか。年を取ってからの肌の状態が心配だからでしょうか。それとも今あるシミやくすみ、ニキビ跡などを消したいと考えているからでしょうか。現在、どのような肌トラブルを抱えているのかによって、ケアの方法も異なってきます。

メラニンの生成を抑えてシミを予防してくれるものや、できてしまったシミにピンポイントで塗り、シミを薄くしてくれるものなど、美白ケア用品にも様々なタイプのものがあります。ベタつきが苦手な人向けのものや、しっかりと保湿したい人向けのものなど、使用感も重視しながら選ぶといいです。

できるだけ低刺激で安全性の高いケア用品を選んでください。

■総合的な肌ケアをする
美白ケアは、化粧品を使うだけでは限界があります。よりきれいな肌を目指すためにも、生活習慣を含めた総合的な肌ケアを行うことが大切です。紫外線対策をするのはもちろん、食生活や睡眠などにも気をつかいましょう。適度に運動をすることや、ストレスを溜めないようにすることも大切です。

肌トラブルがなくなり、肌が健康になるほど、化粧品の効き目もよくなります。

医薬部外品とそれ以外の美白クリーム、そしてトランサミンカプセル、その差はあるのかについて

美白クリームなどを選ぶ上において、どのように選んでいくかは人それぞれによって異なってくるかと思います。口コミや成分などから判断をするという方もいらっしゃいますし、「医薬部外品」なのか「指定」なのかそれともそれ以外なのかなどという観点から判断する場合もあるでしょう。

今回はこの観点から美白クリームを考えていきましょう。

■医薬部外品とは
医薬部外品とは、厚生労働省が指定した「医薬品ではないが医薬品に順ずるもの」とされています。医薬品のように効果が認可はされていないけれども、その働きは期待できる。と認識しておくと良いでしょう。

■医薬部外品とその効果について

医薬部外品とそれ以外の美白クリーム、そしてトランサミンカプセル、その差はあるのかについて

医薬部外品という表記があると効き目が大きいのではないか。そういったイメージもあるでしょう。しかしながら、医薬部外品の成分が入っているから効き目が高い・効果がはっきりと出てくるということではありません。やはり、個々の体質や肌質さらには悩みのタイプによっても作用は異なってくるのです。

ですが、一定の基準値をクリアしている製品であるということはいえるでしょう。

■部外品以外の効果について
このことからいえるのは、部外品指定がないものであっても効果を実感できたり自らの肌に合う美白クリームもたくさんあるということでしょう。基準ではあるものの、効果とは直接的な関係が強いというわけではありませんから、幅広く商品を見て判断していくことをおすすめしたいと思います。

■フラットにしてみよう
今回は、美白クリームを医薬部外品などといった視点から見ていきました。ある程度の基準をクリアしていることから安定感・安心感というものはありますが、まずはフラットな視点から多くの製品をみて判断していくことが良いでしょう。

最近の記事

  1. トランサミンカプセルについて

    トランサミンカプセルや美白クリームなどの美白ケア用品は、どうやって選ぶのがいいの…
  2. トランサミンカプセルについて

    トランサミンカプセルやちふれの美白クリームはどんなものですか?ちふれの美白クリー…
  3. トランサミンカプセルについて

    美白クリームやトランサミンカプセルでのケアも大切だけど、紫外線対策も忘れずにきち…
  4. トランサミンカプセルについて

    美白ケアはトランサミンカプセルや美白クリームだけでなく、食生活の改善も心がけて
PAGE TOP